医療 ダイエットについて

メタボリックシンドローム対策

日本の医療費は、年々増加する傾向にありまして、国民負担の観点からも問題視されています。
そうしたなかで最近注目され出したのが、メトボリックシンドロームです。
メタボリックシンドロームとは、単なる肥満全般を示すものではありません。
人間は、若い時よりも、中高年になってくると、太ることが多くなります。
なかでも男性は、腹部が大きく前に出ることが多くなります。
そうした中高年の腹部のことを、昔からビール腹と呼んできました。
ビール腹というのは、内臓に脂肪が付着することで、腹部が大きく前に出ることです。
この内臓脂肪型の肥満のことを、メタボリックシンドロームと呼んでいるのです。
メタボリックシンドロームは、さまざまな病気を引き起こす可能性が指摘されています。
具体的には、腹部大動脈の破裂といった、絶命のリスクが高い病気も含まれているのです。
そうした点から、メタボリックシンドローム対策として、ダイエットを行うことが人気になっています。
また、ダイエットを行うことによって、問題の医療費の削減にも効果があるのです。

Copyright(c) 医療 ダイエット All Rights Reserved.