医療 ダイエットについて

無理なくダイエットを行う肥満外来

戦前の日本人は、肥満体型の人というのは、それほど多くはありませんでした。
その背景となっていたのが、日本人が行っていた食生活です。
しかし、戦後になって日本人の食生活は、それまでのものと比較すると、大きく変化したのです。
具体的には、西洋式の動物性脂肪の多い食事をすることが、増えるようになりました。
すると、日本人においても、肥満体型になる人が、急激に増えるようになったのです。
肥満体型をしていると、いわゆる生活習慣病を発症するリスクが、高くなります。
例えば、糖尿病や痛風といったものが、生活習慣病に当たります。
そこで注目されているのが、肥満外来です。
肥満外来は、身体に無理なダイエットをするのではありません。
むしろ、健康を維持しながらダイエットをすることを、大きな目標に掲げています。
それを可能にするのが、医師による医療的な管理です。
すなわち、必要な栄養は確保して、無理なくダイエットを行うのが肥満外来なのです。

Copyright(c) 医療 ダイエット All Rights Reserved.